スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

チューリップ賞2017「徹底」考察〜2強の立場から考えるトライアル〜

こんにちは!

今日はチューリップ賞について、多角的に考察します。実はこのレース非常に楽しみにしていてずっと過去のレースを見直していました。

過去のデータ以上に、今回はソウルスターリングとリスグラシューの2強の能力比較や状況比較が重要になるかと思っています。

というのも、何度今回の出走馬を見てもこの2頭は抜けている印象。

ですがここはトライアル。本番に向けてどういうレースをするのか、それぞれの立場も含めて考察して見ます。

 

能力比較


この2頭が強いのは先ほども述べたように疑いようのない事実。ただし、直接対決となった阪神JFは、レース内容に大きな差があります。

・経済コースをうまく立ち回ったソウルスターリング

・大外を回したリスグラシュー

この点から浮かび上がるのはまず「ソウルスターリングはセンス抜群」であること。そして「リスグラシューは末脚が最大の武器」であること。

リスグラシューは過去のレース内めの枠を引いたのは未勝利戦のみ。その未勝利戦はうまく立ち回っていたもののあとは割と外を回している。ましてや阪神JFは、ゲートのタイミング合わずスタートで後手を踏んだ。これはパトロールビデオを見てもらえばわかります。それでも道中外を追走し直線もかなり外を回しながら一頭鬼脚で突っ込んできていますし切れ味は一線級。

一方ソウルスターリングは先行力あり、立ち回りもうまい。正直なところ死角らしいところは今の所見当たりませんし、鞍上のスタイルにも抜群にはまっています。

ここで考えられることは差し有利の馬場や展開になった時、リスグラシューは逆転可能であるということ。

そうなると必然的に開催が進み差しが効く桜花賞本番ではリスグラシューに勝機ありと言えると思います。

 

脚質の違い


このトライアルで穴があくシーンはどういった場合か。それは有力馬の差し遅れによる前残り。

理由は開幕前半の内前有利と有力馬の叩き仕上げということでしょう。逆を言うと、先行力ある有力馬は簡単には崩れないと言えるのではないでしょうか。 

そう考えるとどちらに展開が向くか答えは出そうです。

 

陣営の思惑


ここはあくまでもトライアル。ではリスグラシューはここで勝ちに行くでしょうか。おそらく本番で負かしに行く競馬をするためのあくまでもここは叩き。となると、やはりソウルスターリングに分があるのか?

答えは、イエスだがそれはリスグラシューの本気度ではなくソウルスターリング陣営の本気度が高いはずだからと考えます。

その理由は。

ソウルスターリングは社台期待の新種牡馬フランケル産駒で、しかも無敗のクラシック制覇が見えているから。

これが僕の推論です。新種牡馬で無敗のクラシック制覇なんてとんでもないインパクトですよね!リスグラシュー陣営の本気度<ソウルスターリング陣営の本気度と考えることができるのではと思います。

 

鞍上の視線


ここで考えたいのが陣営と鞍上の見据える先。リスグラシューに騎乗する豊はどういう乗り方をするでしょうか。

ここで僕が思い返したのは記憶に新しい昨年の菊花賞。エアスピネルの騎乗と、その前走・神戸新聞杯。

エアスピネルは抜群のレースセンスと操縦性でこの強い世代のトップレベルにある馬だと思っています。その馬が神戸新聞杯で控える競馬をした。この意味はなんだったのか?

それは本番を見据えて脚を測りにいったからです。

結果、掲示板は確保したものの差し届かず。そして6番人気で迎えた菊花賞本番はもうご存知の通りの豊マジック。距離がもたないであろうことは前評判にあった通りでしたがそれでもロスのないレース運びと、抜群のペース配分で3着に。

あの騎乗はもたないであろう距離をごまかすために施した豊の魔法でした。自画自賛するわけではないですが、それを信じエアスピネルは重い印を打ったのですが、それは置いといて。

何が言いたいかというと、豊は本番を見据えた乗り方をするであろうということ。末脚は確実ですが今まで外を回す競馬をしてきた分、馬群に入れる競馬なんかをしてくるかもしれません。

それでもあっさり勝つこともあるかもしれませんが・・・

 

 

まとめ


今回の考察で出した結論

このチューリップ賞での2強の評価は

ソウルスターリング>リスグラシュー

ただし本番は逆転の可能性大有り!

 

2頭のオッズが抜けて被るであろうことは明白で、この2頭を最大限評価して考えた結論です。もちろんトライアルですし荒れる可能性はなくはないと思いますが、この2頭を買うならば印を絞る必要があります。この考察が吉と出るか凶と出るか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント