スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

弥生賞2017予想〜混戦オッズの行方は?〜

今回は弥生賞の予想です。

チューリップ賞の結果は振り返りでお伝えするとして、こちらも皐月賞へ向けての大事な一戦。昨年は前に行ったリオンディーズを圧巻の瞬発力と末脚で捉えたマカヒキに心を奪われました。そのマカヒキは世代のダービー馬となったわけですが今年はどうでしょうか。小粒だと言われる今年の3歳牡馬。グローブシアターなどリオンディーズと同じ血を引く良血も参戦。

このレースも楽しんでいきましょう!

 

弥生賞


まずは先ほど述べたように低レベルが囁かれる今年の3歳牡馬。

ですがそれなりに世代の中でも上位の馬ははっきりと明確になってきている印象です。それはエトルディーニュという馬を物差しにすると浮き彫りになってきそう。

あとは、まだ頭角を現していない馬がどれだけ成長してきているのか。3歳牝馬で忘れてはいけないアドマイヤミヤビの百日草特別。このあたりから探っていきたいと思います。

 

予想印


 

◎ダイワキャグニー

本命は週中からの評価を変えずにダイワキャグニーで。実はすごく迷いましたがこの馬のレースセンスと先行力を買って見ます。過去のレースを振り返っても非常にスタート、二の脚といいものを持っておりセントポーリア賞はエトルディーニュに完勝。中山2000は立ち回りを問われる舞台でペースが緩みやすいトライアルならなおさら。調教もタイム的にも良化を示しているようで期待したいです。

 

○マイスタイル

伏兵ですがこの馬を対抗に。マイルを使ってきていますが血統的にも走りを見ても距離延長は歓迎と思います。ぐんぐん伸びてくる直線は中山の急坂にも対応できそうに思います。この馬も立ち回りの上手さという意味では評価して良さそうでノリさんが思い切った先行策をとるのであればそうそう差されないかと。この人気ならば思い切って評価を上げたいです。

 

▲カデナ

能力的にはこの中ではトップでしょう。不安要素は後方からの脚質と、リスグラシューでも取り上げたトライアルらしい乗り方をした時の差し遅れ。百日草特別の上位3頭は明らかにレベルが違いました。ただし、このカデナは器用さという意味ではちょっと劣る可能性もなくはない・・・という印象。本命と迷いましたがオッズ妙味や久々の分・脚質的なところで単穴に。

 

⭐サトノマックス

この馬はキャリア1戦ではありますが、その新馬戦はまだ能力全開ではない感じを受けました。

まだまだ距離も延長可能でしょうし、経験のなさから課題を露呈する可能性はありますが未知の魅力は十分です。これがやたら人気するようであればあんまり買いたくはないですがこのブログ執筆時点で5番人気。オッズが割れてはいるものの、期待してもいい一頭だと思います。

 

△コマノインパルス

 

このコースでの実績と鞍上はアドバンテージ。捲りの効くコースでもありますしレースの展開を握りそうです。

今回は前走に比べてまた相手関係も変わってきますし、注目の一頭ではあります。甲乙つけがたいところではありますが△評価。

 

△ディアシューター

ダートで実績を残していますが、前走を見る限り芝がダメとは思わない。先行できれば穴に面白いと思いますし抑えます。

 

△ベストアプローチ

最内でロスなく回れればこちらも県内あってもおかしくないか。抑えに。

 

グローブシアターはその血統背景から人気していますが、この兄弟の中では馬体も小さく不安の方が大きい。偉大な兄弟たちに比べると見劣りする点も多くきたらすみませんですっぱり切ります。

 

 

 

以上、皐月賞トライアル弥生賞の予想でした!

全馬無事に完走目指して頑張れー!!

スポンサーサイト

コメント